ロードバイクのある生活

【ロードバイク】春のうちから日焼け止め対策をしっかりと!【日焼け止め】

だんだんと日が長く高くなってきており

それに伴い気温も上昇して外にでる格好も

半袖になったり、顔を覆うウォーマーも

必要なくなりますが、そうなると怖いのは

日焼けです。

夏に比べて日差しはまだ厳しくないですが、

冬の間に保護されてきた肌に容赦なく降り

注ぎ、肌は真っ赤になり、ひどい時は

みずぶくれになってしまいます。その後、

猛烈なかゆみが続いて、フケのように

剥がれた皮が服や下着にくっついて不潔

きわまりません。

肌のケアは今からしっかり行いましょう。

【日焼け】紫外線はパフォーマンスを低下させ百害あって一利なし【ロードバイク】

これからの季節、外を走る時に問題に なるのが、紫外線です。 紫外線は様々な影響を人体に与えます。 それを知る事で、より快適に外を走る 事ができます。 目次1 紫外線には3種類あるがなじみ深いものは2種 ...

続きを見る

日焼けは皮膚がんの原因にもなるので、顔にはしっかり日焼け止めを

ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 85g (通常品の1.7倍) 日焼け止め SPF50+/PA++++

スーパーウォータープルーフなのに、せっけんで落ちる。にきびになりにくい処方(ノンコメドジェニックテスト済み)・ぷるぷるのウォーターカプセル配合。乾燥を防ぐ。・ヒアルロン酸/ローヤルゼリーエキス/BG配合(保湿成分) SPF50+/PA++++/顔・からだ用

常に露出する顔には、しっかり日焼け止めを

塗りましょう。昔は真っ黒になった肌は健康

の証でしたが、現在では肌のシミの原因と

なり、鼻の頭の皮がむけて見栄えも悪く、

最悪皮膚がんの原因にもなります。

顔で日焼けしやすいのは鼻骨や頬骨、顎など

骨がとがっている部位です。日焼け止めは

その部分を重点的に塗りましょう。

アームカバー、レッグカバーを活用しよう。

寒い時期の必需品、アームカバーや

レッグウォーマー(カバー)も日焼けを

防ぐグッズです。

[パールイズミ] コールド シェイド アームカバー

ストレッチ性に優れす涼しい着用感のUVカット素材を採用。紫外線を99%カット。衣服内温度の上昇を抑え、日焼けも防止。ヒジ側はメッシュ仕様で涼しく快適。ヒジに縫い目が当たらない立体設計。

[パールイズミ] コールドブラック レッグカバー

[サイズレンジ]: S、M、L、XL
[Sサイズ]:脚の長さ68~73cm、大腿最大囲47~52cm/[Mサイズ]:脚の長さ71~76cm大腿最大囲50~55cm/[Lサイズ]:脚の長さ74~79cm大腿最大囲53~58cm/[XLサイズ]:脚の長さ77~82cm大腿最大囲56~61cm
[機能・仕様]:熱反射、UVカット(UPF50+)、吸汗速乾、抗菌防臭、再帰反射
[特徴]:涼しく、日焼けしない素材「コールドブラック」採用、涼しく快適な脚後ろ側のメッシュ仕様。
[特徴]:裾口は締め付け感がなく、ずり落ちないラッセルテープの滑り止め

UVカットされた素材を使用しており、

汗も乾きやすいので、真夏でも快適に

ライドができます。

サイクルキャップで顔を日差しから守る

[パールイズミ] メッシュ サイクル キャップ

涼しい着用感で日焼けを抑える。あふれる汗を素早く処理。

サイクルキャップはヘルメットの下に

被る柔らかい素材のつば広の防止です。

被る事でヘルメットと頭の隙間を埋めて

くれます。幅広のつばが日差しよけに

なり、メッシュ素材が頭部から垂れてくる

汗を吸いながら風ですぐ乾くので目に

入ったりするのを防いでくれます。

またヘルメットの隙間から頭頂部に

降り注ぐ直射日光を防ぎ、頭皮の日焼け

を防いでくれます。

おわりに

日焼けは体力を奪いライドのモチベーション

にも影響を与えます。しっかり対策をする

事で、楽しく走る事ができ、ライド後の

お風呂で日焼けの痛みに耐えて浴槽に

入る事もなく、リラックスする事ができ

ます!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5