ロードバイクのある生活

【ロードバイク】Assiomaパワーメーター シマノペダル対応モデルが7月発売【Zwift】

前回の記事で紹介したペダル型パワー

メーター「ファベロ・Assioma」ですが

シマノペダルに対応するバージョンが7月

にも発売される模様です。

InstagramにAssiomaスピンドルを

使用したパワーメーターの輪郭写真と、

シマノSPD-SLペダルの部分的な輪郭の

上に、「Shimano Road, July 2021」と

いうテキストと共に「Shimano road

riders Stay tuned(乞うご期待!)」の

メッセージが。

今年の初めに試作品の画像が流出したのを

海外サイトが報じていましたが、公式の

サイトでの発表は今回が初です。

製品についてはシクロワイアードが詳しく

インプレッションしています。

スマートトレーナーにはもはや必須のパワーメーター

風や路面のデコボコ、カーブや交差点が

なく、純粋に脚力で画面内のアバターが

進むzwiftなどのトレーニングアプリでは

パワーメーターは必須となっています。

値段も10万円を切り、複数の自転車に

使い回し可能、コンポーネントを変えても

パワーメーター買い替え不要、ホイールも

自由に変更できるAssiomaパワーメーターは

これから主流となるパーツと言えます。

ロードバイクペダルのシェアNo1のシマノに対応した事で、一気にメジャーに躍り出る!

ロードバイクに乗っている人にどんな

ペダルを使っているかをアンケートした

結果を検索すると、3割~6割の人がシマノ

のペダルを使用しているようです。

Assiomaパワーメーターが対応している

LOOKペダルの使用者は1割程度なので、

シマノペダルを使っている人は、

Assiomaパワーメーターを使いたくても

使えない歯がゆさを感じていた事と

思います。

今回シマノペダルに対応した事により

Assiomaパワーメーターのシェアが

一気に伸びる可能性があります。

本家のシマノもペダル型パワーメーターの特許を出願している

【ロードバイク】シマノが開発している?ペダル型パワーメーターに新技術!?【海外発信】

シマノがペダル内蔵型のパワーメーターの 特許を出願している、というニュースが 海外サイトで紹介されています。 https://twitter.com/bikeradar/status/13272614 ...

続きを見る

去年の11月の記事では、シマノが

ペダル型のパワーメーターの特許を

出願しており、圧電効果を利用した

充電方法で、従来の電池式やコンセント

からの充電をしなくても、ペダリング

するだけで充電される技術も含まれて

います。その後、シマノはパイオニアの

パワーメーター部門を買収しており

ノウハウを取り込むことができました。

現在はクランク設置型のパワーメーター

を販売していますが、ペダル型のものを

発表するのも近いでしょう。

おわりに

ZWIFTにはワークアウトとして、

さまざまなトレーニングメニューが

あり、正確なパワーが必要不可欠です。

パワーメーターを手に入れて、適切な

トレーニングを行えば、筋力や持久力

アップの効率はグッと高まるでしょう!

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5