ロードバイクのある生活

【ロードバイク】エルガン・ベルナル再始動。ブエルタ・ア・エスパーニャ出場のために高地トレーニングを開始。

今年初めに停車中のバスに時速60kmで

追突し、選手生命を脅かしかねない

ケガを負ったイネオス・グレナディアーズ

所属のコロンビアライダー、エルガン・

ベルナルが3大ツールの一つ、スペインで

開催されるブエルタ・ア・エスパーニャ

出場のため、チームメイトと共に開催国に

近いアンドラ公国にて高地トレーニングを

開始したとの事です。

アンドラ公国ってどんな国?

国土面積は日本の金沢市の面積とほぼ等しい。

ピレネー山脈東部に位置し、スペインとフランスに挟まれた山がちの内陸国で、スペインのカタルーニャ州リェイダ県、フランスのオクシタニー地域圏アリエージュ県とピレネー=オリアンタル県に接する。

厳しい高低差があり、複数の谷が刻み込まれている。山からは粘板岩が産出し、伝統的な家屋の屋根はこれで葺かれ、壁は自然石を用いて作られている。

夏季は乾燥し、冬季の降雪が多い地中海性気候である。耕作地や住宅地の他はほとんどが針葉樹林であるが、標高2500m以上の地域では樹木が生育せず、草地や裸地となっている。

国内最高峰はコマ・ペドローザ峰(2942m)。主な河川はバリラ川。

2000年以前はタックス・ヘイブン(一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のこと)として有名だったが、徐々に所得税や消費税などが導入され、2018年以降はタックス・ヘイブンからは除外されている。

Wikipediaより

「水曜どうでしょう」のヨーロッパ21か国

完全制覇でも大泉洋さんやミスター鈴井が

訪れていますが、「あんまり(モノが)

安くない」「メシがまずい」「寒い」と

散々な感想を残しています。

そんな国ですが、ブエルタが開催される

スペインからは近いので、本番に備えて

高地トレーニングができる立地としては

最適なのでしょう。彼らは3週間ほど

滞在しトレーニングを行う様です。

おわりに

3大ツールのうち、まだ未勝利の

ブエルタ・ア・エスパーニャに出場

するのは、彼に取って大きな挑戦に

なると思います。ただケガにより

レースから遠ざかっていたので、

ムリせずレース勘を取り戻す事を

目標に頑張って欲しいとおもいます。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5