ロードバイクのある生活

【ロードバイク初心者の方】サイコンであなたの今がわかる【見てね】

サイコンって聞くけど、なに?どんなものがあるのかな?そもそもロードバイクに必ず必要?

サイコンはロードバイクをより楽しむための必需品です

サイコンとは、

ロードバイクに取り付けて使う

「サイクルコンピューター」の

略称です。

走行中の様々なデータを

一括管理して保存できる

便利アイテムです。

走行時の代表的なデータ一覧

  • 心拍数(ハートレート)
  • ペダルの回転数(ケイデンス)
  • 時速
  • 現在時刻
  • 走行時間
  • 走行距離
  • ラップタイム

上記のほかに別売りのパワー測定機器があれば

自転車を進ませる値(パワー値)を表示できます

またGPSが装備されているサイコンは地図を

表示できます。

データはどうやって測定するの?

ロードバイクに各種センサーを設置して

測定します。

心拍計(バンドタイプ 別名チチバンド)

心拍数はバンド型とスマートウォッチ型、

シールタイプがあります。

バンド型スマートウォッチ型シール型
値段4,000~7,00010,000~40,000本体4,000~5,000
正確さ
快適さ
コスパ×(交換テープ 3,000~5,000)
赤いセンサー(パワーセンサー)上の奥のポッチがケイデンスマグネット。

ケイデンスは磁石でクランクの回転を

フレーム側のセンサーで測定する

タイプが主流です。

ホイールに設置するタイプのスピードセンサー

時速は前輪または後輪のスポークに磁石を設置し、

速度センサーにより磁石の通過数で回転数を、

または検出の時間間隔で単位時間当たりの

回転数を測定します。得られた回転数と

タイヤ周長(タイヤが一回転して進行する距離)

を係数として速度を割り出します。

走行距離はタイヤ周長に回転回数をかけた数で、

タイヤ周長は自転車に応じて使用者が設定します。

走行時間やラップタイムはサイクルコンピューターの

ボタンを押して設定します。

そもそもサイコンのある、なしで何が違うの?

サイコンありの場合

  1. 走っている状態を客観的に把握できる
  2. 地図を表示すれば初めての場所も迷わない
  3. トレーニングの指標になる
  4. インターネット上に自分が走ったルートやデータを公開できる

①サイコンは表示できるデータ値をカスタマイズ

できるので、いらないデータは表示させない等の

対応ができます。また1つのモニターに一括して

表示できるので、無駄な動きをせずにデータを

把握できます。(時間を見るのにスマホや

腕時計を見るなどの動きと解釈してください)

②今いる場所を調べるのにわざわざ止まって

スマホを取り出し・・などの無駄を省けます

③一定のケイデンスや心拍数、時速をキープ

して走る、などのトレーニングや、ラップ走

などのトレーニングには必須です。

④は「STRAVA」などのインターネット上の

アプリは自分の走行データをアップする事で

データの共有や、走ったルートをどのくらいの

人が走っていて、速い人がどのくらいのタイム

で走っているかがすぐにわかるようになって

います。ライド途中に撮影した写真なども

アップできますので、よりライドを楽しむ

事ができるでしょう。

サイコンなしの場合

  1. まわりの景色を楽しんで走れる

①サイコンの画面ばかりに気を取られてしまうと

きれいな景色を見逃したり、最悪の場合は

事故や落車の危険があります。

サイコンがあればロードバイクをより楽しめます

左上から右回りでケイデンス ケイデンス(ラップ平均)ラップタイム 時刻

初心者のころは、周りの事に気を取られたり

疲労でデータどころではないかもしれませんが、

ある程度余裕が出てくれば、「自分がどのくらいの

力で走ることができるか」が気になってきます。

サイコンはそんなあなたの欲求を満たす最高の

道具です。

ありがとうございました。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5