ロードバイクのある生活

【ロードバイク】コロナウイルスが猛威を振るうインドネシアの例からAfter COVID19を考える【シマノ】

新型コロナウイルスが猛威を振るうインドネシアでは14日、1日の新規感染者が5万4000人を超え、過去最多を更新した。感染力の強い変異株「デルタ株」の拡大により、同国はインドを抜いてアジアのコロナ流行中心地となっている。

インドネシア保健省の発表によると、過去24時間の新規感染者は過去最多の5万4517人、死者は991人。新規感染者に対する死者の割合は、6月上旬から10倍に増加している。だが検査や接触者追跡の体制が整っていないことから、実際の犠牲者ははるかに多いとみられている。

 最近、コロナ流行の大きな波に見舞われていたインドでは現在、1日の感染者数の平均は約4万4000人、死者数の平均は1028人となっている。だがインドの人口はインドネシアの5倍近くあり、統計サイト「ourworldindata.org」によると人口100万人当たりの新規感染者数はインドネシアが141人なのに対し、インドでは29人にとどまる。(c)AFP

インドネシアはジャワ島およびバリ島ほぼ

全域で必要分野以外の活動は完全在宅勤務に

移行しており、これ以外の島への移動時も

抜き打ちで抗原検査が行われるなど、厳戒

態勢といった様相です。

シマノの現地法人があるバタム島でもコロナ

変異株がマレーシアに出稼ぎに行っていた

人から検出されるなど、近隣国との距離が

近いため、感染が広がる速さも尋常では

ないでしょう。

現地大使館はインドネシア在住の日本人の

帰国希望の取りまとめを開始しています。

After COVID19を見据えた戦略を迫られる

安価な労働力や広大な工場敷地の誘致を

目当てに海外に進出した企業にとって、

今回のコロナ禍は、海外進出戦略を見直す

機会となったのではないでしょうか。

感染対策、ワクチン確保能力が、生産効率に

直結するからです。

現に東南アジアのシマノの海外拠点である

シンガポール、マレーシア、インドネシア

では、ロックアウト状態のマレーシア、

インドネシアに対して、シンガポールは

コロナウイルスの抑え込みにある程度

成功しており、大規模イベントの開催も

緩和されつつあります。

【ロードバイク】新型デュラエースの市場流通はシンガポール新工場稼働以降と予想【シマノ】

シマノがシンガポールで建設中の工場の 稼働を2022年下期(10月~3月)から本格化 する予定との事です。 目次1 老朽化した工場からロボットによる製造ラインを備えた「未来の工場」へ2 新工場建設はチ ...

続きを見る

もしくは、日本国内への生産拠点移転も

あり得ます。

少子高齢化、限界集落化が進行しており

田舎には放棄された耕作地も多く、

太陽光パネルを作るより、雇用創出にも

つながるのではないでしょうか。

おわりに

インドネシアのシマノの工場では主に

釣具を生産しているとの事で、今後は

釣具も品不足が加速するのではないで

しょうか。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5