ロードバイクのある生活

【ロードバイク】初心者は完成車売りかバラ売り、どちらを選べばいいか解説【初心者】

ロードバイクの購入を検討している方に

とって、最初の一台の購入に踏み切る

のが一番勇気がいる事と思います。

では、どの部分に注目して購入すべきか

考えてみました。

ロードバイクは完成車売り、バラ売りがある

完成車売りは、文字通り買ってすぐ走れる

様に完成された売り方です。(ペダルのみ

別売)反対にバラ売りはフレームのみメーカー

から購入して、変速機やブレーキ、クランク

チェーン、ホイール、タイヤなどは別に

購入して組み立てる売り方です。それぞれに

メリット、デメリットがあります。

完成車売りのメリット

  • 購入してすぐ走る事ができる
  • 組み立ての手間が省ける
  • 購入金額がバラ売りより安くあがる
  • 堅実なパーツ選択

初心者にとって難しい組み立て整備をせずに

走る事ができるのが大きなメリットです。

付属するパーツも価格帯にあったグレード

や、そのメーカーオリジナルブランドの

パーツが多く、バラ売りに比べて安いです。

完成車売りのデメリット

  • パーツのグレードが廉価版のものが多い
  • 組み付けた状態で送られてくるので、初期不良もある
  • 好きなパーツを選んで購入できない

サドルやバーテープなど、直に触れるパーツ

が、体にフィットするか、カタログと実車の

色味など事前に分からない事があります。

完成車はメーカーの工場で組み立てられた

状態でお店に送られてくるので、購入店舗が

最終チェックをせずにいると、パーツの

組み付け不良やグリス不足を見抜けず、

購入してからマシントラブルにつながる

恐れがあります。

バラ売りのメリット

 

  • パーツのカスタマイズで自分だけの自転車が作れる
  • パーツはオークションなどで安く手に入れる事も可能

バーテープの色からホイールのリムの高さ

タイヤの種類やサドルの形など自分だけの

自転車を作ることができます。これはもし

盗難されても自分の自転車を探す時の

手がかりになります。また、パーツは

ネットオークション等で安く手に入る

可能性もあり、運が良ければ同等のパーツ

グレードの完成車売りより安くなる事も

あります。

バラ売りのデメリット

  • 完成車売りより高くつく
  • 組み立てに技術や道具が必要
  • パーツが揃うまで走れない

自転車を自分好みに揃えようとすると

どうしても完成車より高くなります。

また変速機やブレーキの調整、バーテープ

をハンドルにまく、サドルの高さ、角度の

調整は初心者には難しく、うまくいかないと

メカトラブルの原因になってしまいます。

パーツも注文しても時間がかかるモノも

あり、届くまで走れない状態の自転車を

眺めて過ごす事になってしまいます。

初心者の方は完成車売りの方がいい。乗り倒して自分にあったパーツをさがす

初心者の方が購入する場合は、完成車

売りのロードバイクを購入したほうが

いいです。自分には合わないな、

物足りないなというパーツが出てくる

まで乗り倒します。

ロードバイクは車やバイクと違い、

工具とある程度の知識があればパーツ

を簡単に交換する事ができるので、

乗り倒して交換したいな、と思った

パーツから順々に替えていくことで、

自分に合ったロードバイクに仕上げて

行くことができます。

そのあとにより軽いフレームやエアロ

特性が高いフレームだけ購入して

パーツを移植していくのがいいです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5