ロードバイクのある生活

【ロードバイク】女性や初心者にディスクブレーキを勧める理由【3つ】

これからロードバイクを買おうとしている

方に、ディスクブレーキのロードバイクを

オススメする理由を挙げていきます。

ディスクブレーキロードバイクのメリット

  • 軽い力でしっかりブレーキング
  • 雨天でも制動力が落ちない
  • ホイールが真っ直ぐ確実に装着できる

軽い力でしっかりブレーキング

リムブレーキはブレーキレバーを握ると

ブレーキレバーとブレーキ本体を繋いでいる

ワイヤーが引っ張られてブレーキがかかる

仕組みですが、使用しているうちにワイヤー

が伸びたり錆びたりしてブレーキを握った

感触が変わったりします。ディスクブレーキ

の場合はワイヤーではなくオイルの圧力で

ブレーキを操作するので握る感触はほぼ

変わらず、握る力も少しで済みます。

そのため、初心者や女性の方にオススメ

です。効き具合の調整をこまめにする

必要がないのも、理由のひとつです。

雨天でも変わらない制動力

ブレーキはパッドを押し当てることで

生じる摩擦抵抗により、運動エネルギーを

熱に変換して制動力を発揮しています。

軟質なゴムパッドとリムで生じる摩擦力

よりも、ずっと硬い素材同士のディスク

パッドと金属製のディスクローターで

生じる摩擦力が高く、熱への変換効率も

高いため雨天時でも制動力の低下が

ほとんど起きないのです。ブレーキの

ローターが地面より上にあるので、

道路の水がかかりにくいのも制動力が

変わらない理由の一つになります。

ホイールが確実に真っ直ぐ装着できる

クイック式ホイールはクイックリリースを

フォーク側の爪にはめ込んで固定するの

ですが、その時、斜めに入れてしまう事が

多々あります。初心者や長く乗っている方

も急いでいたりすると、やってしまいがち

です。そうなるとブレーキパッドがリムに

擦ったり、変速タイミングがずれたり、と

機材の破損やチェーン落ちを招く可能性が

あります。

ディスクロードはクイックリリースの

代わりにスルーアクスルが採用されて

おり、クイックリリースの数倍太い軸が

フォークにねじ切りされた穴にがっしり

はまるので、ホイールがずれる心配は

ありませんし、剛性が上がります。

ディスクロードのデメリット

  • 取り扱いがリムブレーキより複雑
  • 重量増

取り扱いがリムブレーキより複雑

ディスクロードのほとんどが油圧で動作

します。油圧でブレーキパッドを動かし

ブレーキローターを挟み込んで制動する

のですが、ホイールを外した状態でレバー

を握るとパッドが戻らなくなり、ローター

がはまらなくなります。特に輪行時にある

トラブルです。ブレーキレバーを握らない

ように注意するか、パッドの間にスペーサー

を噛ませる対策が必要です。

油圧で動くので、リムブレーキのような

ワイヤーの伸びやサビの心配はありませんが

定期的な交換は必要になります。オイルの

交換の時には専用の器具が必要になる事、

空気が入ってしまうと、ブレーキが利かなく

なる原因になります。

最初のうちはショップに行ってスタッフに

依頼するのがいいでしょう。

重量増

ブレーキローター、オイルライン、ブレーキ

パッドの分だけ重量は増します。ただし、

現在はフル装備でもUCIの規定ギリギリまで

軽量化されたディスクロードも登場して

います。

【ロードバイク】ターマックSL7発売!でも無理に買わなくてもいい【スペシャライズド 】

いよいよ登場したスペシャライズド   ターマックSL7。既にインプレッション 記事や動画も多くネットにアップされて おり、概ね高評価です。果たしてニュー ターマックは買いなのか? 目次1 事前のリーク ...

続きを見る

女性チャリダーや初心者の方に勧めたいディスクロード

少ない力でガツンと効くディスクブレーキ

は握力が低い女性チャリダーやロードバイク

の操作に慣れていない初心者の方にオススメ

です。整備は思い切ってショップにお任せで

問題ないです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5