ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ワークマンの透湿レインスーツは通勤やスタートから雨の時のライドにおススメ【ただ蒸れる】

コストパフォーマンスに優れる

ワークマンのサイクル用品。

その中でも「透湿レインスーツ」は

上下セットで4,900円と他のサイクル

アパレルメーカーの商品に比べても

かなり割安となっています。

今回、雨の中で使う機会があったので

紹介します。

気温22度 湿度100% 雨量7mmのなか3時間使いました

町内会の道路の環境整備があったので

朝6時30分から9時30分まで雨の中使い

ました。

道路の側溝の泥をあげて水が流れやすく

する作業を距離にして約1km歩いて

行っています。

透湿レインスーツは上下セットになって

いますが、今回はツナギの上に上着だけ

着用して参加しています。

結果:透湿レインスーツを来た部分は全く濡れずに済みました

作業後、透湿レインスーツを脱いでみると

レインスーツがカバーしているお腹周り

まで全く濡れていません。その下はビショ

ビショです。

お尻部分はサイクルカットになっており

サドルに座ってもお尻が濡れないように

長くなっています。その形で濡れていない

のがわかるでしょうか。

透湿レインスーツの防水能力はとても

高い事が分かりました。

透湿レインスーツの弱点:蒸れます

雨を通さない代わりに、体の熱もシャット

アウトするので、300m歩いただけでも、

透湿レインスーツの中はかなり蒸れます。

ジッパーを下げれば熱を逃がす事が

できますが、雨も入り込むので意味が

ありません。サイクリング専用のアパレル

だと、わきの下などにベンチレーション

(ジッパーを下げて熱を逃がす機能)が

あるのですが、このレインスーツには

ありません。

今日より気温が高いと、黙って立って

いるだけでも汗をかき、雨で濡れなくても

自分の汗で衣類が濡れてしまいます。

透湿レインスーツの弱点:あまりコンパクトにならない

専用の収納袋に入れれば25cmに圧縮

できますが、サイクルジャージの

ポケットに入れるには大きすぎます。

サドルバックなら入りますが、

他の用具を入れられなくなると本末

転倒です。

数時間のライドの場合はレインスーツ

のズボンはいらないですね。走って

いるうちに乾いてしまうので。

結論:スタートから雨が降っている時、通勤などの短距離に使うのがいい

スタート時から雨が降っていて

どうしても走らないといけない時は

この透湿レインスーツが良いでしょう。

また、通勤など短距離ならムレの心配も

少なくてすみます。ただ万全を期すなら

半袖、ハーフパンツの上に着て、スーツ

等はバッグパックに入れ、出社してから

着替えるとワイシャツやスラックスが

蒸れる事もないです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5