ロードバイクのある生活

【ロードバイク】自転車業界マネーゲーム 第二幕始まる【仁義なき戦い】

【ロードバイク】仁義なき戦い!コングロマリットによるメーカー買収が進む【離合集散】

コロナ禍における自転車業界の好調さは マネーゲームの世界でも注目されている ようです。 目次1 2022年第一四半期に世界最大の自転車総合商社が誕生2 傘下に北米、南米の販売拠点を確保し、世界制覇を目 ...

続きを見る

以前に記事にしたPonホールディング社の

企業買収に続き、アメリカに拠点を置く

国際的投資会社がオランダに本拠を構える

「アクセル・グループ」を15億6000万ユーロ

(約2007億円)で買収したとの事です。

アクセル・グループが傘下に持つ会社にはツール常連のフレーム会社も

アクセル・グループは世界有数の自転車

企業であり、15カ国で約3,100人の従業員を

擁する大企業です。チームエフデジが使用する

ラピエール、土井雪広氏や別府史之氏が

所属したスキル・シマノが使用した

KOGAなどのブランドを持っています。

https://twitter.com/shino_138/status/1472908994239143936

ラピエールは日本で5指に入るヒルクライム

大好き女子「篠」さんも使用しています。

買収したのは「コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)」

1976年にヘンリー・クラビスと

ジョージ・ロバーツが創業した

KKRは、運用資産2520億ドル

(約28兆7420億円)を持つ

世界有数の国際投資会社です。

正直聞いたことがなかったのですが、

傘下には「ナビスコ」「西友」など

日本人にも馴染みの深い企業があり、

投資先には工具メーカーの「HIKOKI」

楽器メーカーの「GIBSON」、ゲーム

メーカーの「Epic Games」など錚々たる

企業が名を連ねています。2020年には

ある企業にも約471億円の投資を行い

ました。

バーチャルトレーニングアプリの

「ZWIFT」です。

お互いの利益が一致した今回の買収劇

アクセル・グループはヨーロッパにおける

E-BIKE市場を主導する為に、KKRはコロナ禍

における自転車業界(E-BIKEやバーチャル

ライド)の新たな市場に投資して利益を

得る、というお互いの利益が一致した事で

今回の買収劇となった、と考えます。

おわりに

今回の買収劇はコロナ禍における健康志向の

高まりを受けた結果といえます。

もしコロナがなければ、世界有数の投資会社

が自転車企業を買収する事はなかったと思い

ます。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5