ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ピナレロの社長が乗ってきたフレーム。改定されるUCI規定を視野にいれた改良か?【2022年モデル】

イタリアのスポーツ情報サイトが

現在開催中のジロ・デ・イタリアで

今後発表される可能性がある

新フレームを捉えています。

フレームメーカー ピナレロ社長が乗ってきたフレームがちょっと違ってた

総合首位であるエルガン・ベルナル

擁するイネオス・グレナディアが

使用するフレームメーカー、

ピナレロの社長が休息日に現地を

訪れ、その際に選手と走った時に

使ったフレームが他の選手と違う、

という事です。

元記事は「BICISPORT」という

イタリアのスポーツ情報サイト

で、そちらにその写真が掲載

されています。→こちらから

フレームには「DOGMA」の

ペイントが施されていたことから

「新しいドグマか!?」との噂が

たちました。

違うのは2か所①シートステー~シートチューブ周辺

従来のドグマのシートステー終端は

2本のシートステーが1本になって

シートチューブに繋がる方式でした。

撮影されたフレームのシートステーは

終端で1つにまとまらず、それぞれが

シートチューブに繋がっているように

見えます。

形状は上の画像にある

スペシャライズドのVENGEに

近い印象があります。VENGEは直線

的なデザインですが、ドグマは、

滑らかな曲線を用いたデザインの様

です。

②ダウンチューブの形状が違う

上の画像のダウンチューブの形状は

階段状になっていますが、撮影された

フレームのデザインは凹形になって

います。

やっつけで申し訳ないですが、

このようにボトルケージ周辺が

一段低く、その前後が高い形状に

なっています。

UCI規定の改定内容を視野にいれた変更?

社長からはこのフレームについて

コメントはなく、公式もノーコメント

との事でした。

【ロードバイク】UCI規定のリーク内容はフレーム買うなら2022年まで待つべきと言っている【貯金】

世界の自転車競技を統括するUCI(国際自転車 競技連合)の機材に関するルール改定について 内部からのリークが話題になっています。 改定の時期とされているのは2021年度で、 フレームの形状にも影響を及 ...

続きを見る

しかし、BICISPORTの写真をみると

シートチューブとトップチューブを

繋ぐ部分を三角形状にし、シートステイ

の延長上ではない場所に配置している

事から、以前のブログで紹介した

UCI規定のリーク内容に沿った変更の

可能性があります

(タイムトライアルバイクにしか

許されていなかった形状がロード

レース用のバイクでも認可される)

もしかしたら塗装に秘密アリ?

今回のフレームの写真で他に目を

引いたのはメタリック調の塗装です。

一見金属フレームのような印象があります。

もしかしたら新しいドグマは金属フレーム

への原点回帰なのか・・?それとも

塗装や表面処理に秘密があり、風の抵抗を

減らす技術を開発したのか?

六田登先生のF1を舞台にした

マンガ「F」(なんぴとたりとも

俺の前は走らせねぇ!のセリフが

有名)には空気抵抗を劇的に小さく

する特殊な塗料「イルカペイント」

という技術が登場しますが、それと

似たような技術をひそかに開発した

のかもしれません。

おわりに

他のメーカーに先駆けてフレーム形状を

変更してきたピナレロ。その狙いはどこに

あるのか、今後明らかになっていくでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5