ロードバイクのある生活

【ロードバイク】空気入れの頭を切り落としてHIRAMEポンプヘッドに替えよう【空気入れ】

ロードバイクと普通のシティサイクル

(ママチャリ)との大きな違いは、

タイヤチューブの空気を入れる口が

違う事です。

初めて購入した人はお店の人とこんな

やり取りを必ずしているはずです。

店員「空気入れどうしますか?」

お客「いえ、家にあります」

店員「それ仏式ですか?英式ですか?

ロードバイクとママチャリは空気を入れる

所が違いますよ。仏式というのは・・」

お客「??じゃあ一番安い空気入れください」

ロードバイクとママチャリではバルブ形状が違う

バルブ形状には3種類あります。

それは以下の通りです。

  • 仏式(フレンチバルブ)
  • 英式(イングリッシュバルブ)
  • 米式(アメリカンバルブ)

ロードバイクの空気バルブの口は仏式と

なっています。その特徴は高い空気圧に

対応できることに加え、微妙な空気圧の

調整が可能なことにあります。専用の

ゲージを使えば目盛りを見ながらコンマ

単位での空気圧調整ができます。

米式バルブはマウンテンバイクやクロス

バイクなど、空気圧が低くても走れる

様な自転車に多く使用されているタイプ

です。米式対応の空気入れが必要です。

特徴は、バイクや車と同じタイプのため

空気が抜けにくく、管理をするには適して

おり、ガソリンスタンドでエア補充をして

もらうことも可能です。

英式は別名を「ダンロップバルブ」といい、

もとを辿るとダンロップ社が開発した

チューブバルブです。 英式バルブは仏式や

米式よりも構造が単純なので、比較的安価

で手に入れる事ができます。高圧での使用に

向かないのでシティサイクルなど、乗り心地

重視の自転車に使われています。

構造上エアが漏れやすく、少しだけ空気を

抜いて空気圧を微調整したりはできません。

また虫ゴム(バルブコア)という部品が

バルブの内部に入っており、この部品は

1年程度で劣化してタイヤの空気漏れが

始まるため、適宜交換する必要もあります。

 

重要なのは、空気入れ本体ではなく、アダプター

ロードバイクの空気入れに使う空気入れは

お馴染みのポンピングタイプから、電動で

目盛りもデジタルの高級品まで沢山あり、

値段も高いもので数万円します。

【国内正規品】FUMPA フンパ 20秒で入る自動コンプレッサー 空気入れ 仏式 米式対応 ロードバイク

一回の充電でタイヤ6本分の充填が可能で1回約20秒で作業完了(0⇒100PSI)するのが魅力。デジタル圧力計はpsi・kPa・Barの3種の単位から選択可能で空気が入るだけでなく、スポーツ自転車ならではのシビアな空気圧管理にも対応できるのがメリットです。作業性を考慮して本体からバルブ部分までホースが伸びているのもFumpaの特徴です。

ロードバイクにハマると金銭感覚がおかしく

なりがちですが、流石に空気入れに万段位の

お金を出すのは・・という方。大丈夫です。

重要なのは本体ではなく、バルブと本体を

繋ぐアダプターです。

Panaracer ゲージ付フロアポンプ

  • 樹脂製
  • 仏式米式オートヘッド採用
  • 英式クリップ付属
  • 空気圧ゲージ付
  • 1mロングホース採用
  • 充填圧上限700kPa 500kPa(英式)

 

この部分の作りが良くないと、空気を

入れている途中で固定が甘く抜けて

しまったり、そもそも空気がうまく

入らず、余計なポンピングを強いられる

事になります。

結論から言うと、空気入れはアダプターの

良し悪しで選ぶべきです。

ヒラメ ポンプヘッド

「もうすでに空気入れあるし、わざわざ買い

替えるのも・・」というあなたにオススメが

「ヒラメ ポンプヘッド」です。

30年以上多くのプロメカニックやサイクリストから愛され続けている、純日本製のポンプヘッドです。カムレバーの開閉でバルブの着脱が容易に行え、高圧でもスムーズにエアを充填可能にする空気逆流防止弁を内蔵しています。横カムはディスクホイールや、小径ホイール等のバルブ上部のスペースに制限がある場合にも快適に操作が出来ます。
バルブアダプター(別売)を交換することにより、米・英・競輪バルブにも対応します。ホースバンドへの確実な取り付けにはイギリス製ジュビリー社のホースバンド(別売)がお勧めです。
※標準で仏式用バルブアダプターが付属します。

日本のメーカーである「KUWAHARA」が製作

している全金属製アダプターで、安心の国内

生産品です。自宅にある空気入れのヘッドを

入れ替えて使用します。

自宅にある空気入れは安さに定評のある

TNI製ですが、ヘッドだけヒラメヘッドに

交換しています。

特筆すべきはヘッドを仏式バルブにセット

して固定する時の「コクっ」という軽さ、

それでいて強くポンピングしても空気圧に

負けないガッチリした固定力、取り外し

する時のレバーリリースの軽さです。

レバーの解放方向は縦と横があり、

ホイールの形状により選択できます。

クワハラ(KUWAHARA) HIRAMEポンプヘッド゛横型+ホースバンド

●日本製●最大気圧300Psiに対応●容易に高圧エア-を入れることができます。●簡単にバルブのホールドができます。●仏バルブ専用です。米式、英式はアダプタ-を交換してください。●レバ-の締め付け具合はレバ-に少し抵抗があるぐらいでだいじょうぶです。

クワハラ(KUWAHARA) HIRAMEポンプヘッド縦型+ホ-スバンド付

●日本製●最大気圧300Psiに対応●容易に高圧エア-を入れることができます。●簡単にバルブのホールドができます。●仏バルブ専用です。米式、英式はアダプタ-を交換してください。●レバ-の締め付け具合はレバ-に少し抵抗があるぐらいでだいじょうぶです。

値段は横カムレバー式で4,380円(税別)

縦カムレバー式で3,280円(税別)となって

います。

「たかが空気入れの部品に5,000円も出すの!?」

と思ったあなた、正確ですが間違っています。

一度使えば、空気入れ本体がダメになっても

ヘッドだけ取り外して新しい空気入れに付け

替えて使うほどになりますよ。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5