ロードバイクのある生活

【ロードバイク】女性でも楽しめる!誤解されがちなロードバイクについて解説【足は太くならない】

ロードバイクを始めるのは圧倒的に男性が

多く、女性はごく少数です。理由は様々ある

でしょうが、実際始めてみると男性よりハマる

方が多いようです。

自転車=足が太くなる、という誤解

ロードバイクを他人に勧めると必ず言われる

のが「足が太くなるでしょ?」という事。

ロードバイクが競輪とごっちゃになって、

競輪選手の太ももを見てそう話す人が多い

ようです。競輪は走る距離が1600mから

3000mと比較的短いですが、他の選手を

置き去りにする高いパワーを維持する

事と、最終ストレートで爆発的な

スピードを出すために太ももの筋肉が

発達して足が太くなるのです。競技中の

自転車の速度は時速60km前後、ゴール前

では約70kmに達すると言われており、

足の太さはその爆発的な速度を出すため

の物です。ロードバイクは比較的長い

距離を止まらずに一定のペースで走る

ので、局所的に筋肉が発達する事はなく

全体的にスラっとした体形になります。

ツールドフランスを4回優勝している

クリス・フルームの足の筋肉は、

太ももからふくらはぎまでまんべんなく

ついており、いわゆる「カモシカのような

足」です。

ピチピチな服装に違和感・・

ロードバイクに乗っている人はもれなく

ピチピチの服装をしていて、体のライン

がはっきり出るからなんか見ている

こっちが恥ずかしい・・とはウチの

奥さんの言葉ですが、ピチピチなのは

理由があります。長い距離を速く走る為、

空気抵抗を少なくする為です。

ロードバイクは長い距離をできるだけ

速く走るための道具です。スピードを

出すためには乗っている人のパワーは

もちろん、風の抵抗をできるだけ少なく

する必要があります。着ている服が

バタついたりすると、大きな抵抗になり

スピードが上がらず、余計に力を使う事に

なってしまいます。その抵抗を少なくする

ために体にフィットしたジャージが必要に

なるわけです。初心者であまり遠くまで

行かない場合はジャージや普段着でも

いいです。

OSTRICH(オーストリッチ) ズボンクリップ

幅広タイプのスボンバンド。
反射材も備えているので夜間等の視認性にも優れます。

その際は裾がチェーンリングに

巻き込まれない様にバンドをした方が

いいでしょう。

ただ走るのってつまらなくね?そんな人にオススメのマンガ「穂高輪花のチャリと飯。」

穂高輪花のチャリと飯。

フリーライターの穂高輪花は、仕事の傍らでおいしいご飯を求めてサイクリングする、いわゆる“くいしんぼう自転車女子”。「自転車を楽しみながら大好きなご飯を遠慮なく食べる」をモットーに今日も彼女は走り続ける…!

ロードバイクは目的地をしっかり決めて

走ると、到達した時の達成感はハンパない

です。それがおいしい特産品を売っている

お店や地元の素材を生かした食事やデザート

を提供するカフェやレストランならおいしい

ご褒美までつく贅沢なライドとなります。

「穂高輪花のチャリと飯。」はそんなライド

を題材にしたマンガになります。

青森県在住の自分としては、ロケーション

になじみがないのが残念ですが、関東圏の

方ならマンガに登場したお店を巡って

みるのも楽しいのではないでしょうか。

女性の初心者の方も作中に登場するキャラ

の服装を参考にできると思います。

おわりに

女性の方にもロードバイクの楽しさを

知ってもらいたいと思い、今回のブログを

作成しましたがいかがだったでしょうか?

ロードバイクは「足は太くならない」

「ピチピチな服装でなくても楽しめる」

「おしゃれなカフェやレストランで

いっぱい食べてもロードバイクで

カロリー消費すればプラマイゼロどころか

カロリーマイナスでダイエットにも!」

楽しい乗り物です。

ぜひ新しい世界に足を踏み入れてみては

どうでしょうか?

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5