ロードバイクのある生活

【ロードバイク】自転車にもオートマ化の波?フォードが形状記憶合金を使った変速機の特許を出願していた

zentai

2019年に自動車メーカーのフォードが

自転車用のフロントディレイラーに

関する特許を特許商標庁に出願して

います。それは電動でもワイヤーでも

ない、第三の変速機のようです。

形状記憶合金を用いた変速機

特許商標庁に公開されている資料では

フロントディレイラー部分に2本の

ワイヤーが接続されており、それに

電流を流す事で、形状を変化させて

フロントディレイラーを動かすよう

です。この2本のワイヤーはニッケルと

チタンの合金でできた形状記憶合金で

電流が流れる事で発生する温度変化で

形状が変わる仕掛けです。(一般的な

形状記憶合金の形状が変化する温度は

80度~-20度なので、合金を使用する

部分には厳重な耐熱処置が必要になるが

その詳細は記されていない)

ケイデンスをもとにしたオートマチック変速の一端か

kontorou

フォードの出願資料には「一般のライダー

のケイデンスが60前後」「コントロール

ユニット」などの文言が記載されており

ケイデンスをコントロールユニットで

選択する事で、一定のケイデンス以下

(以上)になる時にシフト操作を自動で

行うようになると思われます。

電力の安定供給、という観点からE-BIKEへの採用が有力

形状記憶合金の形状変化には電力が

必要不可欠です。安定した電力供給が

可能な大型のバッテリーを搭載する

E-BIKEへの採用が有力でしょう。

街乗りからトレイルライド、クロス

カントリーまでこなせるE-BIKEなら

オートマチックシフトはかなり役立つ

のではないでしょうか。

おわりに

E-BIKE市場に自動車メーカーが参入?

と考えてしまいますが、出願時期は

2019年であり、その後の開発状況は

不透明です。水面下で開発が進んで

いれば、近い将来より洗練された

製品が登場するかもしれません。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5