ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ついにシマノが無線変速と12速化か!?アメリカで特許出願【デュラエース】

出る出ると言われつつ、まったく情報の

ない新型デュラエースですが、ここに

きて動きがあったようです。

シマノ 無線変速機構の特許をアメリカで出願していた

Free Patent Online(FPO)でアメリカの

特許を検索できるのですが、そこで

「US20200346710A1」「US10766569」

を検索すると、7月22日付で出願された

特許情報が確認できます。

表紙

その中で色分けした部分を訳すと、

「無線通信ユニットは、スイッチに接続

され、電気信号に基づいて無線信号を

送信する」と書かれています。

(日本の特許検索サイトはメンテナンスで

確認できませんでした)

ワイヤレスユニットはSTI内に。ペダル式パワーメーターの新技術も投入予定

STI無線
シフト内側
回路図

ワイヤレスユニットはSTI内部に取り付け

られるようです。

現行のDi2のE-TUBEジャンクションあたり

になると思われます。ワイヤレスユニット

の電源はどうやらボタン電池を使用する

仕様でワイヤレスユニットに1つ、シフト

スイッチに1つ使います。主に使用するのは

ユニット側の電池で、残量が少なくなった

時はシフトスイッチ側の電池で対応できる

様です。

もしかしたらこの部分だけ大型化する

可能性もあります。

回路図

新しい技術として、内側のシフトスイッチ

の動きと圧電素子を組み合わせて電力を

発生させる「発電ユニット」をオプション

対応させています。将来的には電池交換が

不要になると画期的な試みです。

【ロードバイク】シマノが開発している?ペダル型パワーメーターに新技術!?【海外発信】

シマノがペダル内蔵型のパワーメーターの 特許を出願している、というニュースが 海外サイトで紹介されています。 https://twitter.com/bikeradar/status/13272614 ...

続きを見る

(圧電ユニットについては上記記事を参照)

通信状態や充電残量を表すインジケーター

もワイヤレスユニットに搭載され、外側

から見えるようにシフトブラケットも

変更されます。

フロント・リアディレイラーからはE-TUBE差込口がなくなる。

フロントディレイラー
リアディレイラー

フロント・リアディレイラーの形状には

大きな変化はないようですが、E-TUBEの

差し込み口がなくなっています。

シマノもついに12速化!

文書名12速

SRAM、カンパニョーロに遅れを

とりましたが、ついにシマノも

12速化しそうです。ただし今回の特許

では既存のフリーハブがそのまま使用

できるか、先に12速化したMTBのXTR

と同じマイクロスプライン仕様になる

かは触れられていません。シマノの

過去の動きからすると、おそらく

11速のフリーハブは互換性はなくなる

と考えています。

おわりに

今回の特許の書類にはANT+やBluetoothLE

などのワイヤレスプロトコルについても

詳しい記載がありませんでした。

とりあえず新技術など先に出願しておいて

ライバルに取られないようにする手立て

かもしれません。

シマノからはこの件での正式な発表は

まだありませんが、圧電素子を使った

充電システムなど、楽しみです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5