ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノ2022年12月期第2四半期決算短信から見る今後の展望【欧米重視】

7月26日に発表されたシマノの決算短信。

円安により日本経済は失速中ですが、

シマノに限っては追い風になっている

様です。

売上高、営業利益、経常利益とも前年比を2割前後上回る

欧米はロックダウンが終了し、

アフターコロナとなった影響で、

フィットネス企業が軒並み売り上げを

落としている中、シマノは好調を維持し

1月から6月までの売上、営業利益、経常利益

ともに前年比を上回っています。

シマノは今年に入りハイエンドコンポである

デュラエースとアルテグラを相次いで発表、

釣具でも汎用リールのフラグシップモデル

STELLAをモデルチェンジした事で、安定した

売上を上げる事が出来たようです。

地域別でみると、欧米ではE-BIKEの需要が

好調で、シマノの自転車部門の売上を

支えていると言っても過言ではありません。

一方、中南米やアジア地域での自転車に

対する強い関心は沈静化、中国のゼロ

コロナを目指して行われている厳しい

ロックダウンの影響や、ウクライナ

戦争による資源価格の高騰や素材不足に

より、自転車在庫の不足が響き、店頭

販売は低迷した、とシマノは分析して

います。

2022年12月期の経常利益を上方修正。その理由は・・

日本の景気低迷の原因の一つである

円安がシマノにとって追い風となり

経常利益を上方修正しました。

円安の場合、海外(ドルやユーロ圏)の

人たちは130円(138円)の価値のある商品を

たった1ドル(ユーロ)で購入する事が

できるので、日本製の商品を少ない投資で

どんどん購入できます。(逆に日本円だと

1ドルの商品を購入するのに130円も

払わないといけない)

そのため、ハイエンドコンポやリールが

バンバン売れるので、シマノも日本で

売るより海外に持って行って売った

方が得になります。円安は今後も続くと

判断しての上方修正なのでしょう。

そうなると、シマノが重視する市場は

2022年以降も欧米、という事になる

のは間違いありません。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5