ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ゲリラ豪雨からスマホなどの電子機器を守ろう【防水対策】

突然のゲリラ豪雨。守るべきは、電子機器。

生活防水は過信してはいけない

今や生活に必要不可欠なスマホ。ロングライド

でも、他の人との連絡やお店の検索、現在地の

確認に活躍します。その為、すぐ取り出せる

ようにジャージのポケットに入れることが

多いです。

スマホの防水性能は、「IP」という規格で

表示されます。IPは、日本工業規格および

社団法人日本電機工業会が国際規格の

「IEC529」に準拠して規格化。IPに続く

2文字のコードで防水性能および防塵性能を

示しています。

IPに続く第1数字記号は、防塵性能を0~6の

7等級で表示。数字が大きくなるほど防塵

性能が高くなります。第2数字記号は、

防水性能を0~8の9等級で表示。「IPX8」は

水面下での使用が可能とされており、数字が

大きくなるほど防水性能が高くなります。

ちなみにiPhone12はIP68等級、深さ4m

最長30分まで適応しています。(公式HPより)

ただし、公式HPには、以下の注意書きもあり

ます。

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone を意図的に水没させる
  • 推奨される温度範囲外、または極度に湿度の高い条件下で iPhone を動作させる
  • iPhone を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone を分解する (ネジを外すなど)

ゲリラ豪雨は30分で40mmの雨量との定義が

あるので、数値的には大丈夫ですが、猛烈な

雨で充電口から水が侵入したり、ポケットに

雨水が溜まり、疑似的な水没状態になれば

動作の保障はないでしょう。

防水ケースなら雨の中でも操作可能

Spigen 2枚セット 防水ケース スマホ iPhone 6.9インチ対応 タッチ可 顔認証 IPX8認定 完全防水 ネックストラップ付属 AMP03098 (クリスタル・クリア)

【最大6.9インチまで全機種対応】iPhone 12 Pro Max, Xperia 1 III, Redmi Note 10 Pro など、スクリーンサイズが6.9インチ以下のスマホ全機種を対応します。鍵やカード、現金なども一緒に収納できます。
【厳選されたTPU素材】人体に無害ながら耐久性と透明度抜群のプレミアムTPU素材を使用してクリアな大画面でスムーズに操作が可能です。
【ストラップへのこだわり】長さ30cmから56cmまで調節ができて誰でも便利に使えます。丈夫なプラスチックフックでスマホを落とせず風呂や海、イベントやスキーなど、どんなシーンでも安心して使えます。
【最高防水等級IPX8取得】Spigenの最先端技術で防水等級の最高等級であるIPX8を取得しました。最大水深30Mで30分まで防水が可能です。
【便利性抜群】防水ケースを着けてまま通話やFace ID顔認証、画面タッチやカメラも問題なく使えます。

スマホ用の防水ケースなら、ゲリラ豪雨の

中でもスマホを濡らさずに操作ができ、

内部に雨も侵入しないので安心です。

ただスマホより一回り大きく、ジャージの

ポケットの大きさによっては入らない

可能性もあります。

お手軽最強はジップロック(ただし使いまわしは禁)

ジップロック フリーザーバッグ L 30枚入

●<化粧箱サイズ> 高さ7.6cm×奥行10.5cm×幅28.7cm <袋サイズ> 縦273mm×横268mm 厚さ0.06mm
●開け口の中央の、細かい凹凸が付いたオープンタブで、キッチンで手が濡れていてもカンタンに開けられます。
●2種類のジッパーで、簡単・スムーズな開閉性と高い密封性を両立しました。
●ジッパーを閉める際は、ウルトラジッパーで指先でパチパチと閉まる感覚が実感できます。
●内側から開きにくい密封ジッパーで、液漏れが不安なカレーやミートソースもお任せ!
●冷凍保存から電子レンジ解凍まで使えます。
●日付や内容物を書き込めるスペースが付いています。
●耐熱温度は100℃、耐冷温度は-70℃です。

ジップロックにはイージージッパー

タイプとフリーザーパックがありますが

使用するのはフリーザーパックの方です。

(商品紹介で密閉ジッパーを使っている

と案内されているのがフリーザーパック

の方)

スマホを入れるだけならMサイズで十分

ですが、財布やモバイルバッテリー等

濡らしたくない物も一緒に入れるなら

Lサイズがオススメです。

防水スマホケースとの違いは何より安く

コンパクトに折りたためることです。

ただし、繰り返し使っているとジッパー

部分が劣化して密閉性が低下したり、

バッグ自体に穴が開いてしまう恐れが

あるので、2~3回使ったら新しい物に

交換するのを勧めます。また、バッグに

入れたままだとタップしても反応しない

時もあります。あくまで防水用の入れ物

と割り切って使うのがいいです。

おわりに

サイクルコンピューターやライトなど、

意外に電子機器が多く使われている

現代のロードバイク。屋外で使う製品は

防水対策もされていますが、強い雨は

電子機器の細かい隙間から内部に入り

込み、ショートさせてしまう恐れが

あります。

ライドに行くときはポケットにジップ

ロックのバッグを畳んで忍ばせておけば

安心です。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5