ロードバイクのある生活

【ロードバイク】アンバウンド・グラベルレース 上位入賞者のデータが鬼【老いてなお盛ん】

アメリカのカンザス州で開催されていた

アンバウンド・グラベルレース。

日本から参加していた高岡亮寛さんが

200マイル(約322km)部門で

11時間34分50秒で無事ゴール、

200マイル部門で107位、40~44歳部門で

14位、という成績を残しました!

途中から雨に降られてブレーキトラブルで

遅れたにも関わらず、未舗装路185kmを

含む322kmを平均時速27.8kmで走破して

います。

ちなみに東京駅から愛知県豊田市までが

200マイルとなっています。

200マイル部門の優勝者はオランダの

イーヴァル・スリックさんで、

9時間22分4秒、平均時速34kmという

バケモンではないか、というペースで

逃げ切りました(コースと風に恵まれた、

との事ですが、未舗装路185kmを含む

322kmを時速30km以上で走れる、と

いうのが一般人には理解できません)

100マイル部門に出場したあの選手は?

100マイル(168km 舗装路61km

未舗装路107km)部門で出場した

ペテル・サガンは5時間55分18秒、

平均時速28km、63位でゴールしています。

ちなみにチームメイトのダニエル・オスも

参加していて彼は62位でした。

100マイル部門の1位はアメリカのイーサン・

オーバーソンで、5時間1分1秒、平均時速は

時速33.5kmでした。また、3位になった

ベン・ディレイニーはなんと46歳です。

東京〜大阪間より長いXL部門 平均時速27kmで21時間を切る

自転車で東京〜大阪間を24時間以内で走る

「キャノンボール」というチャレンジが

ありますが、アンバウンド・グラベルでは

それより長い563kmを走るXL部門があり、

1位から3位までは平均時速27kmで21時間を

切ってゴールしています。しかも3位に

入ったアーニー・レクーガさんは46歳です。

強い人は年齢関係ないのは世界共通なのだと

改めて感じました。

おわりに

ロードレースのプロ選手も参加するなど、

グラベルバイクによるレースもどんどん

盛り上がっていくのではないでしょうか。

日本だと国土が狭くて山だらけなので、

欧米のような大掛かりなレースは難しい

でしょうけど・・。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5