ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ロングライドの補給食はおにぎりがおすすめ【初心者必見】

ロングライドに持っていく補給食は

おにぎりがコスパ高くお勧めです。

補給食はなぜ必要か?

ロードバイクは時速20kmで走ると

1時間で約500Kcal(エネルギー)を消費すると

いわれています。

100km走れば2000kcalです。ただし、スピードが

速い場合や長い坂道を上ると消費カロリーはより

多くなります。

普通ならコンビニでちょっと休憩がてら何か

食べよう・・となりますが、ロードバイクで

走っている時はそうはいきません。

特に大人数でのグループライドの時は

「疲れたから休憩しませんか?」とは

なかなか言い出せないものです。

また山を走っている時はコンビニも

ありません。

エネルギーが切れた場合は「ハンガーノック」の

危険があります。

ハンガーノックは激しく長時間に渡るスポーツの最中、極度の低血糖状態になり、運動能力や意識の低下、思考の鈍化を起こす。予防策として、長時間に渡るスポーツにおいて、競技中に適度な補給食をこまめに摂取することが行われる

Wikipediaより抜粋

ロードバイクのように体を動かす時間が

長いスポーツは適度な補給食を

接種しなければいけないのです。

補給食の種類

ロードバイクの補給食は以下の特徴があります

  1. 少ない量で必要なカロリーや栄養素をとれる
  2. 携帯性が高い
  3. 味の種類が豊富
  4. 値段が高い
  5. 量が少なく満腹感はない
  6. 味が濃い目

①~③がメリット、④~⑥がデメリットですね。

では補給食の紹介をしながら解説します

・エナジージェル

1個41gと軽量ながらエネルギー120kcalと塩おにぎり約1個とおなじカロリーを接種できる。またカフェインが含まれており、集中力の底上げや疲労を感じにくくする効果がある。大きさも幅70mm、高さ130mmとポケットに収まる小ささ。1個308円(税込)

サイクルジャージのポケットに収まる

小ささで、服用しやすいジェル。

袋の口も指や口でかみ切りやすく

補給をもたつかせないです。

デメリットは口を開けて服用した

あとのゴミ問題と、奥に入っていたジェルが

残って出てきてしまいジャージを汚す事、

あと1個308円は高いです。

2エナジーバー

1個当たりのカロリーは約200kcalとジェルより多め。様々な味があります。1個あたり324円。

カロリーメイトもこれに当てはまります。

カロリーメイトを想像してもらえれば

より理解が深まります。

ジェルに比べて噛んで食べるので

食べた気になるのがメリットです。

デメリットは固形物で、モノに

よってはかなりパサついたり、

逆に粘り気が強いため、飲み込むのに

苦労する点です。またジェルと同じく

1個あたり300円以上する。

もう少し安く補給食を手に入れたい人はコレ。

結論から言うと「おにぎり」です。

ただのおにぎりではなく混ぜご飯の

素を混ぜて握ります。

ノリは消化があまりよくないので

巻きません。

混ぜご飯の素でオススメは以下のとおり。

大森屋 男梅混ぜご飯 25g

なぜ梅かというと、梅干しにはクエン酸が

含まれており、乳酸を分解して疲労回復を

手伝ってくれます。

また酸っぱさが食欲をそそり、

補給食をおいしく食べる事ができます

また梅には抗菌作用もあるため、

傷みにくく長持ちするメリットも

あります。(ただし日光があたる

背中のバックポケットには長時間

入れておかないように!普通に

傷みます)コストも混ぜご飯の

素が1袋380ですが、何度も使用

できるのでおすすめです。

終わりに

エナジージェルやエナジーバー、おにぎり

それぞれにメリット、デメリットは

ありますので、各人がそれぞれ試してみて

自分にあった補給食を見つけてください!

ありがとうございました!

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5