ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノ100周年目前!新型デュラエースは発表されるか?まとめ【シマノ】

いよいよ3月21日、シマノは100周年を

迎えます。ティザーサイトでは、

シマノ100周年のあゆみを紹介して

いますが、皆が期待しているのは、

新型デュラエースの発表が同時にあるか

どうか、でしょう。

公開された特許情報のまとめ

日本、アメリカで登録された特許の情報

から、新型デュラエースの姿を予想して

きました。

【ロードバイク】ついにシマノが無線変速と12速化か!?アメリカで特許出願【デュラエース】

出る出ると言われつつ、まったく情報の ない新型デュラエースですが、ここに きて動きがあったようです。 目次1 シマノ 無線変速機構の特許をアメリカで出願していた2 ワイヤレスユニットはSTI内に。ペダ ...

続きを見る

SRAMやカンパニョーロに後塵を配した

12速化ですが、シマノも今回は12速を

導入する事になりそうです。

ただ、12速使用のハブをシマノは新しく

開発していると考えますが、現行のハブ

との互換性があるかどうかは不明です。

今までのシマノの新製品は旧製品との

互換性を完全に捨てる事が多かったので、

今回もそうなる可能性が高いでしょう。

【ロードバイク】新型Di2の給電方法は有線、無線どちらも選択可能!【新型デュラエース】

リアディレイラー表紙 新型デュラエースは無線なのか有線なのか、 だんだん全貌が現れてきたようです。 目次1 STIからの変速信号は無線式でほぼ決まり。2 リアディレイラーへの給電方法の違いがある3 シ ...

続きを見る

また、SRAMの独断場となっている、

無線変速も新しく導入が予想されて

います。ただ、ディレイラーを動かす

バッテリーは、無線、有線いずれも

選択可能になるようです。

メイン、サブバッテリーで長時間の

ライドにも耐えられるので、ブルべ等

を行う方には歓迎されるのではないで

しょうか。

バッテリーも新設計される模様で、

明言はされていませんが第三のコンポー

ネントとの接続と、強制リセットスイッチ

の存在が示唆されています。

第三のコンポーネントの候補として

ボタン操作でシートポストの長さを

調整できるドロッパーシートポストが

予想されています。これはサドルから

お尻を外して風の抵抗を小さくする

「Super Tuck」ポジションをサドル

をボタン操作で一番低い位置にして

サドルからお尻を動かさずに再現

できるようになります。UCIが決めた

ルールは「乗車ポジションは基本的に

サドル上にお尻を置く事。守らなかったら

罰金、タイムはく奪」なので、このルール

の裏をかいた格好です。ただ一般的には

ロードバイクのドロッパーシートポストは

普及しないでしょう。乗っている時にシート

ポストの高さを変えるメリットがなく、

止まった時にアーレンキー1本で好きな高さ

に変える事ができるからです。重量増や、

故障などでシートポストが動かなくなる

可能性もあります。

おわりに

ティザーサイトは3月21日0時までのカウント

ダウンを刻んでいます。シマノにとって100

周年となる2021年が飛躍の年になるのか、

期待したいです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5