ロードバイクのある生活

【ロードバイク】降水確率から走る日のコンディションを予想する【天気予報】

降水確率0%だと安心して走り出したら

雨に降られたり、降水確率50%だから

外に出ないでおこう、と過ごしていたら

結局雨が降らなかった・・という事は

ありませんか?

今回は降水確率と雨量についてです。

降水確率とは予報区内に1mm以上の雨が降る確率の平均値。

(気象庁HPより)

降水確率とは予報区内で一定の時間内に

降水量にして1mm以上の雨または雪の

降る確率(%)の平均値を言います。

0%から10%きざみ(四捨五入)で

増減します。

上の画像、青森県の週間予報ですが

8月8日は津軽、下北、三八上北地方

とも60%となっています。

気象庁の降水確率はその予報が100回

発表された時、そのうち1mm以上の

降水がある確率の事を言います。

つまり降水確率60%は、60%という

予報が100回発表されたとき、その内の

およそ60回は1mm以上の降水がある、

という事になります。

ちなみに信頼度のアルファベットは

AからCで表し、内容な上のようになって

います。

1mmの雨、というのは1㎡の広さに1時間に降る雨が流れていかず溜まった場合の水の深さ

降った雨が1平方メートル範囲中、どこにも流れ去らずにそのまま溜まった場合の水の深さで、mm(ミリメートル)で表しています。例えば、「1時間で100ミリの降水量」は降った雨がそのままたまった場合、1時間で雨が水深10cmとなるということです。1平方メートルに100ミリの雨が降った場合、水の量は100リットル(重さにして約100kg)になります。

~気象庁HPより~

1平方メートルとはだいたい傘を広げた広さ

です。1mmの雨とは、外を歩いている時に

雨が降り出したのに気づく位の雨量になり

ます。

(tenki.jpより)

8日の6時~12時までの雨量がおよそ

5mm、12時~18時までは7mmと

なっています。1時間あたりに直すと

だいたい1mmとなっています。

このことから、8日はパラパラ降ったり

止んだりの雨で、道路に水たまりが

できるほど降らない、と予想できます。

(願望)

おわりに

走る日に雨が降るか降らないか、悶々と

するのはチャリダー共通の行動です。

天気予報をうまく使い、当日の準備に

活かしていきましょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5