ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ピナレロのフラグシップDOGMAの新型、実戦投入される【F14?FIZ?】

【ロードバイク】ピナレロの社長が乗ってきたフレーム。改定されるUCI規定を視野にいれた改良か?【2022年モデル】

イタリアのスポーツ情報サイトが 現在開催中のジロ・デ・イタリアで 今後発表される可能性がある 新フレームを捉えています。 目次1 フレームメーカー ピナレロ社長が乗ってきたフレームがちょっと違ってた2 ...

続きを見る

前回のブログで紹介したピナレロ社長が

乗っていた新型のドグマですが、チーム

イネオスでも選手が乗り始めました。

ツール・ド・スイスでリカルド・カラパスが使用したドグマはニューモデル?

https://twitter.com/bikeradar/status/1402291071632109572

ピナレロ社長は休息日にディスクブレーキ

仕様を乗っていましたが、今回は実戦に

投入するにあたりリムブレーキ仕様を使って

います。

フレーム形状の差異は前回のブログを参照

していただければわかりますが、BB周辺、

ダウンチューブとシートチューブの接合部

が現行モデルのF12より太くなっています。

これは剛性の確保と空力性能の向上を

狙っての物と思われます。

またシートステイの形状も変化しています。

これはタイヤクリアランスの拡大を狙って

いると考えられます。

ドグマF8→F10→F12と来て、次はF14かFIZか?

ドグマのネーミングは特徴的なONDA

フォークをフルモデルチェンジした

F8からマイナーチェンジのF10、F12と

ナンバリングが2ずつズレています。

この法則から新型モデルのドグマはF14

ではないかと言われています。

今回もフレーム自体に大きな変更点が

見られないのでF14が妥当と考えます。

大穴でF12を英語表記に直した

「FIZ」になる可能性も・・。

おわりに

上記のツイートについて「こんなバカ高い

フレームのモデルチェンジをよく定期的に

やるわ(意訳)」的なコメントがついて

いました。

大きな変更点も見られないので、ドグマを

検討している方は今回のモデルは待ちの

方がいいかもしれません。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5