ロードバイクのある生活

【ロードバイク】AppleのAirTagをロードバイクの盗難防止には使えない理由【盗難防止】

Appleが発売した落とし物防止ツール

「AirTag」を自転車盗難グッズとして

使えないか、実験した動画がYouTubeに

アップされています。

リアルタイムでの追跡は難しい

AirTagの「探す」機能の仕組みは、

AirTag本体が送信する信号を近くにある

iphoneやipadが受信して位置情報を

iCloudに送信、アプリ上に表示という

ものです。

その為、iPhoneやiPadを持っている人の

近くをAirTagが通らないと位置情報が

受診されず、位置情報にタイムラグが

発生する恐れがあります。また夜間も

人通りが少ないですし追跡はより困難に

なるでしょう。

実際に、動画では最初に位置情報が

送信されてから2回目の位置情報発信が

20分後となっています。

犯人がApple製品を持っているとAirTagを見つけてしまう

AirTagは、不要な追跡に使われないように設計されています。誰かのAirTagがあなたの持ち物に紛れ込んでも、あなたのiPhoneがそれを検知してアラートを表示。見つけられない場合でも、AirTagが音を鳴らし始めるので安心です。
AirTagを付けている友だちがそばにいても、電車の中でAirTagを持っている人たちに囲まれても、心配ありません。このアラートは、AirTagが持ち主から離れた時だけ有効になるからです。

Apple HPより引用

盗んだ犯人がiPhoneを持っていた場合、

他人のAirTagを感知してしまいます。

探し出されてAirTagだけ捨てられてしまい

追跡が困難になってしまいます。

AirTagを鍵のかかるケースに入れたとしても

ケースごと捨てられてしまうでしょう。

これは設定でも変更できないようです。

ロードバイクの盗難防止にはAirTagは不向き

リアルタイムに位置情報が知りたい場合は

GPS発信機能が必要です。AirTagにはその

機能はありません。

【ロードバイク】新世代の盗難防止器具、オルターロックが第二世代に進化【来年3月発売】

盗難やいたずら防止のためのデバイス 「AlterLock」(オルターロック)が バージョンアップして登場しました。 目次1 AlterLock(オルターロック)Gen22 気になるお値段は9,800円 ...

続きを見る

つい最近、ロードバイク専用の盗難防止

機器である「AlterLock」(オルターロック)

がモデルチェンジして発売されました。

ボトルケージの下に取り付けでき、大きさ

も目立たず、GPSとWiFiで測位可能となって

います。しかも盗難防止用のアラーム機能

も搭載されており、盗難された時の対応も

盗難されない様にする対応も万全です。

おわりに

AirTagは3,800円(税込)とAlterLock

の10,780円(税込)に比べて安いですが

ロードバイクを盗難から守るなら、

AlterLockの方がオススメです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5