ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ウクライナではE-BIKEを軍用に改造し既に実戦投入していた【ウクライナ・ロシア戦争】

以前、オーストラリア陸軍がE-BIKEをテスト

している、というブログを作成しましたが、

ウクライナ・ロシア戦争では既に実戦投入

され、前線から後方まで走り回っている

との事。

【ロードバイク】オーストラリア陸軍も隠密偵察用E-BIKEをトライアル中【軍事】

前回ブログで紹介した軍事用E-BIKE。 フランスと微妙な関係になっている オーストラリアですが、陸軍では 隠密偵察用E-BIKEのフィールドテストが 行われている様です。 目次1 オーストラリア陸軍 ...

続きを見る

【ロードバイク】特殊部隊もE-BIKEに注目!?兵器見本市に軍事用E-BIKEが出展される【銀輪部隊】

ロンドンで開催された世界最大の兵器見本市で QuietKat社とJeep社が共同開発したものを 含む、高出力の電動バイクが多数展示された との事です。 目次1 「Defense and Securit ...

続きを見る

ワシントン・ポストの記事を引用すると

ウクライナ企業の「Eleek」社が開発した

E-BIKEを戦争が始まった直後、軍に

数台提供した。その後すぐに、車体を

オリーブドラブに塗装して、後輪に

小さなウクライナの国旗を施した、

E-BIKRを大量生産するようになった

そうです。

もともと配達用に販売されていた

ELEEK Atomという名前のE-BIKEを

フットレストを取り付けたり、

バッテリーやフレームの強化をして

主に偵察任務、地雷除去作業、医療品の

運搬などに使用しているとの事。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ELEEK(@eleekbikes)がシェアした投稿

ウクライナの大部分は東ヨーロッパ平原の

草原や平原という平坦な土地で、山岳地帯が

殆どないため、機動戦力がものを言います。

E-BIKEは最高時速90km/hも出す事ができ、

重量も65kgとバイクより軽量、排気ガスも

出ないため機動力、隠密力ともに優れた

移動手段と言えます。

広い平原を徒歩で偵察するには時間が

かかりすぎますし、車両だとドローン等に

発見されやすく、車両が破壊されると

最前線から後方に戻るのが難しくなります。

E-BIKEなら草むらに横倒しにすれば上空

からも発見しにくく、建物の陰などにも

隠しやすいので、最前線ちかくまでE-BIKEで

移動、いったん乗り捨てて徒歩で最前線へ

偵察に行く、という使い方ができます。

ちなみにこのELEEK社のスタッフは、

在庫として残っていたリチウムイオン電池を

もとに、モバイルバッテリーの製造を防空壕の

なかで始め、そのうち部品の調達が困難に

なってくると、電子タバコのバッテリーに

目をつけ、人々に電子タバコを送ってもらう

ようSNSで呼びかけていたそうです。

本来なら配達やトレイルライドに使う

E-BIKEが戦争に使われるのは複雑な気持ち

です。早く戦争が終わって本来の目的で

自転車を楽しむ事ができればいいと願って

います。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5